京都中京区ビデオ撮影&ビジュアル制作

TOPICS トピックス

2009 年 8 月 10 日
地デジについて

家電製品エンジニアの私が、地デジについて語りたいと思います。

そもそも2011年までに地上デジタル放送に完全以降なんて、「絶対むりだ!!」と

周りから聞かれてもそう公言しておりました。

先に始まった欧州でも予定よりズレ込み、国内でも対応テレビの普及の伸び悩み

(わざわざそれに合わせてテレビを買い換える人はいないでしょうし、私もそういう考えでしたが、

しかし一昨年、14年使ったテレビが壊れて購入しました)

何より山間部では電波が入らず、下手すれば今のアナログ放送の電波ですら、

ケーブルを通して視聴している状態の地域もあります。

それを解消するには[ミニ京都タワー]を山に何本も立てなきゃならないでしょうし、

都市部でも一軒家や、よっぽど古いアパートでもない限り、

中途半端な年数の集合住宅などは、配線も含めての工事も必要だろうし、

公共性を考えるとほぼ全国民が視聴できないと、アナログ放送は停止できないだろう。

もし国が援助するにしても、その膨大な費用はどうするのか?

総務省が適当に割り振ってた電波を整理したいだけで、どこまで現実的に可能なのか?

と、今年の頭までは思っておりましたが、

ここにきてエコポイントやら、国の力の入れよう、日本国民の生真面目さから、いや官僚のプライドから

何が何でも(どんなにお金を使おうと)キッチリ予定どうりに施行されるのではないかと・・・

ま、いろいろ矛盾もありますが、画はキレイで便利ですし、地デジ自体はホントにいいのです。

私も立場上、地デジカとともに普及活動を応援しております。

contentsbg_prof

次回は、地デジ製品について勝手に語ってみたいと思います。